サボテンのハンドメイド+日常雑記

自称オカマよ。ハンドメイド作家(笑)もどきの手作り雑貨と日常の話するわ。毒舌よ。

サボテンのハンドメイド+日常雑記

Instagram(インスタグラム)ビジネスアカウント?ハンドメイド作品の販促にピッタリ

f:id:disorderletter:20170531155752p:plain

カマでございます。あづい。

画像をザーッと見たいときに重宝するのはやっぱりインスタ。キレイで可愛いものは誰だって見たい、万国共通のナオンの性ってやつよねぇ。

そんなInstagram(インスタグラム)に「ビジネスアカウント」が作れる機能があるんだけど、みんな活用しているかしら?

※2018年8月時点での情報です。

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントとは?

ビジネスアカウントとは、インサイト」「Instagram広告」などビジネスに役立ついろんなツールを利用できるビジネス利用者向けのインスタアカウントのこと!

ビジネスでインスタを利用したいという企業や個人がお客さんともっとスムーズにやり取りできるようにと、2016年から導入されたみたいね。

ビジネスアカウントに変更すると何ができる?

具体的には下記の機能が使えるわ!順番に説明していくわね。

ショッピング機能の利用

別の記事にまとめてみたけど、実際こ~れが激アツ!オカマのイチオシ。

なぜならこれまでできなかった「即購入」がなんと投稿画像をタップすることでできるようになっちゃったからなの!!!

まあ厳密に言うと即というか購入ページに飛ばしますよってことなんだけど、それでもこれまでわざわざプロフィールのURLに飛んでもらって商品探してもらって…というビミョーなやりづらさからは解放されたわけで、インフルエンサーの多く存在するインスタもいよいよ商戦にガチ参加って感じよね~。

Instagram(インスタグラム)広告

フィードに混じって、画像や動画広告を出稿できる機能。ユーザーからの反応が多かった投稿を広告にすることもできちゃう!

フォローしていないのに、あれっ?って思った投稿…アンタそれ広告よッ!みたいな感じねw

ただしもちろん広告の配信料はかかってくるので注意して。

ビジネスプロフィールの設定

ビジネスアカウントに変更することで、プロフィール画面もビジネス仕様になるわよ!( ̄+ー ̄)

ビジネスプロフィールの便利機能はこちら!
  • 電話番号の追加
  • メールアドレスの追加
  • お店がある場合はアクセス情報などの設定

f:id:disorderletter:20180804165142p:plain

▲「連絡先オプション」から必要な情報を追加

f:id:disorderletter:20180804164847p:plain

▲設定した連絡先やアクセスのタブが表示される

f:id:disorderletter:20180804165351p:plain

▲飲食店や美容院などリアル店舗がある場合はボタンの追加も可能

これらが可能になるから、例えば商店やポップアップショップのお誘いなどなど大口顧客からのご連絡もスムーズに受けられるわけよね★

これまではコメントやDMでいちいちやり取りしなきゃいけなかったわけだけど、これからはサクッと連絡とれてラクチンよ。

あと個人のアカウントだと連絡していいハンドメイド作家なのか単なる趣味でやってる作家なのか迷うこともあると思うから、ビジネスプロフィールだと「ビジネスでやってるのね~」というのもはっきり分かって、先方も気兼ねなくご連絡くださるんじゃないでしょーか。

Instagram(インスタグラム)インサイト

閲覧数、フォロワーの増加数、プロフィールページへの訪問数が1つの投稿ごとに確認できちゃうスグレモノ。

f:id:disorderletter:20180804164608p:plain

捨て垢だから数値出なくてごめんなさいね💦

どの投稿に人気があるか知ることで、写真の撮り方やまだ売れていなくても人気を集めているデザインの傾向なんかが分かってくるからマジで使えるツールと言えそうね(◎´∀`)

ビジネスアカウントの設定手順

さて、では具体的にどうやって設定していくのかと言いますと↓

  1. Instagramアプリからログインし、設定画面を表示
  2. 「事業者アカウントへの切り替え」を選択
  3. 事業のカテゴリなどを選択

    f:id:disorderletter:20180804163653p:plain

  4. メールアドレス・電話番号いずれかの登録

    f:id:disorderletter:20180804163730p:plain

  5. Facebookにリンク」画面はスキップも可能

    f:id:disorderletter:20180804163902p:plain

ビジネスアカウントの設定にはFacebookページとの連携が不要に!

インスタグラムはFacebookの子会社。

というわけで、これまでインスタをビジネスアカウントに設定する場合、いちいちFacebookページを作る必要があったんだけど、仕様変更でその必要はなくなったみたい。

でも、登録していく途中で「Facebookにリンク」画面をスキップすると、最終的に「空のFacebookページを生成しました」みたいなメッセージが出てくる。

f:id:disorderletter:20180804163958p:plain

とりあえずビジネスアカウント切り替え時にはこっちでページ作って登録はしなくていいみたいで、勝手に上記みたいな感じでFacebookページを生成してくれるから必要になったら取得してねってことみたいね。

ビジネスアカウントを利用する際の注意点

いくつか注意点があるから見ていきましょう。

Instagram(インスタグラム)広告は有料!

まあ、広告掲載料はどこもかかるものよね。

具体的な料金に関しては広告タイプによって変わってくるので、また別の記事に書き起こしてみようと思ってるわ。(忘れそう)

Instagram(インスタグラム)広告とショッピング機能は結局Facebookページが必要

オカマーー!!!テメェさっきFacebookページいらねぇって言ったじゃねーか!!!(# ゚Д゚)

そうなのよ。いやホントそうなのよ。ビジネスアカウント作るだけならね!!涙

でもね。やっぱり広告出稿とショッピング機能は事前にFacebookページとインスタアカウントを紐づけなければならないみたいなのよ!

f:id:disorderletter:20180804164417p:plain

▲広告やショッピング機能を初めて使おうとするとこういう画面が出てくる

というのも別に無意味にそういうことしてるわけじゃなくて、そもそもInstagram広告のターゲティングというのははFacebookユーザーの情報を基に設定されるみたいなの。

ショッピング機能もFacebookの上手いこと機能を応用して作られてるらしいの。やっぱりインスタはFacebookの子会社だから…Facebookの子会社だから…m(_ _)m

そういうわけで、まあFacebookページを作るのは多少手間ではあるけれど必要準備として飲み込みましょう!(・∀・)キリカエ

より高機能な販促ツールを使いたい場合はFacebookページを作る必要あり

ショッピング機能を付けたInstagram(インスタグラム)広告は出稿できない

ええ。もうこれはこのとおりよ。ちょっと残念だけど世の中そんなモンよ。

非公開アカウントでの利用ができなくなる

まあビジネスアカウントなのに非公開にすることはあんまりないと思うけど、何か理由があって非公開にしたい時は個人用アカウントに切り替える必要があるってことね(;´∀`)

Instagram(インスタグラム)をビジネスアカウントに変更してハンドメイド作品をバンバン売ろう!

というわけで、Instagram(インスタグラム)使ってるみなさんはぜひビジネスプロフィールに変更を( ゚∀゚ )

特にショッピング機能は購入促進が期待できるから、これまでインスタを活用しづらいと思って諦めていた人もぜひトライしてみてほしいわね。

アデュー♡


【予約特典付き】いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本 人気講師が教える「魅せるマーケ」勝利の法則 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)


 Amazonで買う

▲2018/8/22発売予定。Instagramの最新機能をやさしく解説する指南書。8/21日までにキャンペーンに応募すると特典あり。